<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
凛短歌写真館 動画を公開しました!次回の公募も始まっています。

2回目の動画公開です。

前回公募で選歌した作品のうちの後半7作品と、私の作品を一つ加えた8作品です。

 

 

次回動画用の公募をはじめています。

 

投稿は、こちらからどうぞ!6つの写真に合う短歌をどんどんご応募くださいませ。

投稿締め切りは3月11日(日)23時59分までです!

→投稿が少ないため、1ヶ月伸ばします。

4月14日(土)23時59分まで、たくさんのご応募お待ちしています!

Posted by 知己凛 | 短歌 | comments(0)

凛短歌写真館

先日公募し、選歌させていただいた短歌を動画にして公開しました!

 

まずは7首をご紹介しています。

 

 

不定期に公募を続けていこうと思っていますので、また奮ってご参加くださいね!

Posted by 知己凛 | 短歌 | comments(0)

採用歌のお知らせ

Photo短歌への多数のご応募ありがとうございました。

これから動画作成にうつりますが、採用歌をお知らせしておきます。

どれも力作で、素敵な歌ばかりでとても悩みましたが、写真との融合(?)でしっくりくるものを選ばせていただきました。

動画発表まで今しばらくお待ちくださいませ!

 

<採用歌一覧>


帰り道 うまく言えないことばかり滲んだような空を見ている/小泉夜雨


朗らかな景色をひとつ切り取って足元ひかり軽やかに行く/衣未(みみ)


なだらかな坂の途中で立ち止まり理由のつかない涙をこらえた/雨虎俊寛


ふるさとの海に言葉はいらなくて汐風にただなでられている/キール


真剣な瞳しており伸びた背でお前は誰を待っているのか/衣未(みみ)


壁のぼるコツ・鉄錆の匂いとか忘れてもそこにある秘密基地/岡村和奈


僕だけの一輪の花見つけたよ目移りせずに君だけを見る/大納言乗場


どれだけの人がこの場でそれぞれの十七歳を想うのだろう/御殿山みなみ


人払いすれば落ち葉が傅いてベンチはやっと玉座になれた/楢原もか


はじまりかおわりかなんてわからないけれどみつめることをやめるな/岡村和奈


どこまでもどこまでも行くはずだった君と初夏うしろに乗せて/藤 かづえ



公園にデビューできずに親子して草を潰してしてたままごと/衣未(みみ)


懐しい空気が肌に絡まって訛りが喉を撫でる(ただいま)/衣未(みみ)


あの青は手を伸ばしても届かない流れる雲をただ見てるだけ/龍也
 

 

Posted by 知己凛 | 短歌 | comments(0)

アクセスカウンタ

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

Recommend

Profile

連歌の花道

うたのわ(知己凛)のページ