<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
行ってきました「鳥歌会」
岡山で鳥歌会が開かれるということで、Twitterで記事を見かけた時は

「いいなぁぁ、行ってみたいけど・・・」

と、行こうという勇気がでず、リツイートするのが精一杯だったのですが、
主宰のこはぎさんのあたたかいお声かけで、参加を決意!

ということで行ってきました「鳥歌会」。

岡山への移動にはバスをチョイス。



朝ご飯のおにぎりふたつ、押し込みながらバスへ乗車。
どきどきしながらバスに揺られること3時間。



岡山駅西口に到着。

シルバーウィークのため少しバスが遅れたものの、定刻までは余裕。

一番街に移動してゆっくりランチ食べて、欲しかったリップスクラブをゲット。

そして、時間も過ぎ・・・。



会場へ!

いやぁ、ドキドキ感満載。

会場は4階で、どのタイミングであがればいいのか思案しているとこに、はちさんのツイート。

皆さんが1階にいらっしゃるのが全然わからないところに座っていたので、4階にさっさとあがってしまいました。

少しの間行き違いがあったものの無事会場で合流。

初めましての挨拶をあちこちで交わし、皆さんで食べてもらおうと持参した「たこせん」。
こはぎさんに貢ぎ物としてお渡しww
そしたら、後ろに貢ぎ物行列が!



で、参加費にはいってたワッフルも加わって、こんなにたくさんのお菓子に囲まれて歌会始まりました。



詠草一覧とメモが取れる冊子を渡していただきました。

順に評を発表し歌会は順調に進んでいきます。

いやぁ、緊張しましたー。脇汗ハンパないし、指先は冷たいし。
でも、休憩前に雑談した時、「ほんとに歌会初めて?」と聞かれました。
どうやら落ち着いて発表しているように見えたようです。

おおお。女優になれたってことかしら。←勘違い

自分の歌への評を聞いてるときは、筆が走る走るww
面と向かって言ってもらえることの良いところは、良くも悪くもちゃんと読みを教えてもらえるところ。

ネットだと評がつかないこともあるので、読み手にどんな風にとらえられてるのかわからないからね。
リアル歌会に参加することで読み手のことをもっと考えるようにしなきゃなーって再認識しました。
といっても、きっと自分の好きに詠むだろうけどね。

ひととおり評が出揃ったとこで、票入れ。
その後、鳥賞、雛賞の発表がありました。

あっという間の時間でした。

懇親会までの間は、皆さんと雑談。
なんか楽しいww

懇親会での焼き鳥会場は歌会とはまた違った雰囲気で和気あいあい。
歌を始めたきっかけや、日ごろのこと、たくさんお話ししました。

初対面の方々ばかりだったけど、昔から知ってる人のように話せるのってオフ会ならではの感覚なのかな。

はちさんが広島で歌会やろう!っていう何度かのプッシュが頭に残りつつ、時間は過ぎてバスの時間。

いつくさんに引き続き途中で離脱。
あ、でもお料理は全部食べたのよww

こはぎさんと、再会を約束しつつ、握手を交わし帰路へ。

いやぁ、楽しかったなー。
1日遊んだけど充実した日になりました。

ということで、私なりの皆さんの印象。

こはぎさん:澄んだ声とやわらかい物腰。そして優しい関西弁のお姉様って感じでした。

逢さん:透明感ハンパなくて、守ってあげたい!

はちさん:熱い!のヒトコト。短歌愛を終始感じました。熱さにやられちゃったかも。

まなみさん:かわいい容姿なのに、凛とした発表のギャップにやられました。きっと私より大人だ。

ねじさん:かっこいい!一目で目を奪われてしまいます。評もかっこよかった。すごく参考になりました。

しんくわさん:とってもシャイな方なんだなー。評も奥ゆかしくて共感もてました。

美香さん:めっちゃ美人さん。そして同年生まれってことで、話が合う合う。

いつくさん:思っていたとおりの方で、歌われる歌も、評も尊敬の一言。お声も癒されました。

リツコさん:Twitterから飛び出してこられたの?っていうほどそのまんまな感じ。会ったときすぐに抱きつきたかったと言うのは黙っておこうww


何かの縁で結ばれてこうして出逢えた皆さんに感謝して、今回のレポート終わります。

あ!はちさんの後押しで、広島で歌会やります!
がんばる。

Posted by 知己凛 | 短歌 | comments(0)

コメント
コメントする







アクセスカウンタ

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

Recommend

Profile

連歌の花道

うたのわ(知己凛)のページ